k
> クレジットカードリボ払いは金利よりも返済額を注意する

クレジットカードリボ払いは金利よりも返済額を注意する

お金を借りる手段としてのキャッシングローン。金融会社のサービスの
中で必ずどこから借りるべきかとなったとき比較されるのが消費者金融と
クレジットカードでキャッシングサービス(キャッシングリボ払い)を行っている
会社についてどちらがいいのか。またどう違うのかという点ではないでしょうか。

メリットとデメリットが向かい合うクレジットカードのリボ払い

まずクレジットカードのリボ払いですが、既に持っているクレジットカードの
付加サービスですから新たに申込をせずお金が足りない。手持ちの資金がない
という時に便利だと思います。仕組みに関してはカードローンとリボ払いで説明したとおりで
便利と言えば便利です。 ただ、個人的に思うのは、ショッピング枠普通にクレジットカードを使うほうが いいのではとも思ってしまいます。これに関してはそもそもの目的が違うから
言うことはないのでしょうが…。そもそもリボを行う方は毎月の支払を一定額で
返済し、キャッシュフローをよくしたいという理由からだと思います。
といいますかクレジットカード会社もそのようにサービスを進めていますので
それを知って使うユーザーはほぼそれが目的でリボを使うのかと思います。

毎月:3,000円、10,000円など予め設定された額を返済していく仕組みですが
これをよく理解している人にとってはメリットですがあまり深く考えず使って
しまう人にとってはデメリットとしか言いようがないのではないでしょうか。
なぜかというと、元金と返済額をあまり確認せずリボって行ってしまう人が多い
と思うのです。そもそも、クレジットカードはお金を借り入れするために作る
人は少ないのではないでしょうか。ここぞという時にリボを利用してみた。
結果的に元金が全然減っていなかった。という経験がある方は結構多いでしょう。
一括返済してしまうのがありかと思いますが。

消費者金融も基本は同じだが借りている側の意識が違う?

基本的に、消費者金融も口座振替で返済をする場合など意味合いは一緒です。
但し、返済回数を何回行うとか借り入れしてお金をおろして使うという行為自体が
借りたという感覚につながると思います。

リボを行う場合は最後に返済される時はいつになるのかというのをきちんと確認し
納得できる内容であればまったく問題ないと思います。大きなお世話かもしれませんが。

金利の差もきちんと確認する

金利の差も確認をしておいたほうが良いかもしれません。額によってはという話にも
なってきますが、先ほど言った通り、リボを使う方は毎月定額返済を目的としていると
思います。これは確かに便利でいいんですが、使いすぎてしまう方が多いと思うんですね。
で、金利は額によって変わりますので各サービス提供元の金利を比較してみるといいかなと思います。小額の5万くらいであればまあどちらでもいいかもしれませんが。