k
> 固定金利のカードローンについて

固定金利のカードローンについて

主に銀行で提供している使途を問わない無担保の小口融資のカードローンですが、
実際には金利や審査基準などの差を除けば、
システムは消費者金融や信販会社のキャッシングとそれほど大きな違いはありません。

返済方式も、ほとんどの金融機関では残高スライドリボルビング払い
という方式を採用しています。これは、その時点での借入残高によって
最低返済額を決め、毎月それ以上の返済を続けている限りは、
利用限度額の範囲内で自由に借入や返済ができるというものです。

この方式は元々消費者金融のキャッシングで採用されていましたが、
現在では銀行のカードローンでもよく使われています。

短期返済を前提としているカードローン

カードローンの場合は、この返済方式に加えて固定金利にしているところがほとんどです。
これは、カードローンだけでなく住宅ローンや教育ローンなどでよく耳にする言葉ですが、
そのときの景気の変動によって利率を変更する変動金利に対し、
契約時から完済まで、景気の変動に左右されずに、
金利を一定にすることを固定金利といいます。

カードローンの場合は小口融資がほとんどで、住宅ローンのように
長期に及ぶことがあまりありませんので、固定金利にしても双方にそれほど影響が無く、
返済計画も立てやすいのでこのようになっています。

少しでも金利の低いカードローンがお得

従って、カードローンを申込むときには、
当初設定されている金利の差を重視して選ぶのが重要です。
固定金利なので完済までの間その金利の差が出てきますから、
少しでも金利が低いカードローンを選ぶと、
結果的にかなり支払う利息の額を減らすことができます。

消費者金融のキャッシングやカードローンも同様に
固定金利にしているところが多いので、参考にしましょう。
なお、一般的に金利は銀行のほうが低いですが、
審査に通りやすいのは消費者金融のほうです。

また、銀行は年収に関係なく利用額を設定できますが、
消費者金融では年収の3分の一までしか借入ができないことになっていますので、
状況に応じて使い分けましょう。